悠々自適リタイアメントの為に



リタイアメント時には、それまでに蓄積した資産を払い出して生涯生活してゆかなければなりなせん。貯蓄口座から一定金額を定期的に払い出す方法(システマティック払出プラン)が一般的です。この方法に伴う様々なリスクを理解せずに運用するとトラブルに陥るので対策が必要です。

乱気流に備える

リタイアメント期間には、私達は様々なコントロール不能なリスクに直面します。長寿リスク、インフレ・リスク、市場リスク、ポートフォリオ・リスク、シークエンス・オブ・リターンリスク、税制リスク、配偶者を失うリスク等がそれにあたります。これらを乱気流と考えます。見過ごしがちなシークエンス・オブ・リターンリスクの例を見てみましょう。投資ポートフォリオの残高から9%の払出を継続する一方で、ポートフォリオ残高が7%の増加、27%の増加、-13%の減少というサイクルを経たとすると24年後には資金は枯渇してしまいます。7%の増加、-13%の減少、27%の増加というサイクルるを経たとすると18年後には資金が枯渇します。このように収益や損失の発生する順序によって資産が枯渇するタイミングが影響をうけます。このリスクは予測不能です。

リスクを理解する
リタイアメント期間には、私達は様々なコントロール不能なリスクに直面します。長寿リスク、インフレ・リスク、市場リスク、ポートフォリオ・リスク、シークエンス・オブ・リターンリスク、税制リスク、配偶者を失うリスク等がそれにあたります。これらを乱気流と考えます。見過ごしがちなシークエンス・オブ・リターンリスクの例を見てみましょう。投資ポートフォリオの残高から9%の払出を継続する一方で、ポートフォリオ残高が7%の増加、27%の増加、-13%の減少というサイクルを経たとすると24年後には資金は枯渇してしまいます。7%の増加、-13%の減少、27%の増加というサイクルるを経たとすると18年後には資金が枯渇します。このように収益や損失の発生する順序によって資産が枯渇するタイミングが影響をうけます。このリスクは予測不能です。

運用益で生活するシナリオ
次に65歳の時点で$1Mの現金資産を持っていたと仮定し、資産残高を保全し運用益で生活するシナリオAと、個人年金(annuity)を購入した場合のシナリオBを30年間に渡って比較してみましょう。運用益は年率3%、税率30%とすると、シナリオAの場合の税引き後毎年$20,388の収入が得られますが、3%のインフレを考慮すると24年後には凡そ$11,000の価値しかありません。市場変動に対してどのように安定的に3%の収益を確保するのでしょうか?税制が30年間に渡って不変であると言えるでしょうか?もう一つの問題点は、適格リタイアメント口座から資金が払い出された場合、ソーシャル・セキュリティ受給額に対する課税が増加する場合がある事です。

個人年金で生活するシナリオ
シナリオBは資金$1Mで保険料一回払いの即時払型年金(SPIA)を購入し、個人年金からの受給を開始したと想定しています。税引き後、毎年$57,485の収入が受け取れ、シナリオAの場合に比べて受取額が2倍以上増加します。 個人年金は購入者と保険会社の間に交わされる契約であり、購入する際に払い込む保険料と引き換えに年金支給を行うという約束です。保険会社が少なくとも市場リスク、ポートフォリオ・リスク、税制リスク等を引き受けて、一生の支払いを保証してくれます。

配偶者に生活資金を残す
夫婦の内一人が死亡した場合、残された配偶者にスムーズに収入の流れを移転する為の相続計画を立てる事が必要です。個人年金の支払いは、支払条件を適切に設定する事により、最後の配偶者が亡くなるまで継続させることが出来ます。保証された収入が継続する事により、残された配偶者は冒頭で議論した様々なリスクに自ら対処する必要が無くなります。この事は年老いた配偶者にとって大きなメリットでしょう。


要約
夫婦が安心して平穏なリタイアメント生活を送る為には、生涯保証収入を確保する為の責任を保険会社に委ねる事が得策です。
注)ここで表示されている内容は一般的な情報であり特定の個人的状況に資する事を意図していません。ここで紹介されているアプローチは、定年退職者が置かれた状況や目的に役立たない場合もあります。パシフィック・アドバイザーズ,LLCとパークアベニュー・セキュリティーズ、LLC、及びそこに所属するファイナンシャル・アドバイザは法律や会計に関するアドバイスを提供しません。入手できる商品やその機能は州によって異なります。契約による保証条項は、商品を提供している保険会社の支払い要求に対応する能力と財政的健全さによってのみ保証されています。

黒沢篤 (Alex Kurosawa)

ファイナンシャル・アドバイザー


アレックス・クロサワ(黒沢篤)氏はパーク・アベニュー・セキュリティーズ LLC (PAS)に勤務するレジスタード・レプリゼンタティブでありファイナンシャル・アドバイザである。住所と電話番号OSJ: 20 Bicentennial Circle, Suite 100, Sacramento, CA 95826, (916)379-0200. 証券類商品はFINRA及びSIPCのメンバであるPASから提供される。同氏はニューヨーク州ニューヨーク市に所在する米国ガーディアン生命保険会社®(ガーディアン)のファイナンシャル・レプリゼンタティブでもある。PASはガーディアンの間接100%子会社である。パシフィック・アドバイザーズ社はPAS及びガーディアン社の関連会社でも子会社でもない。保険商品は通称パシフィック・アドバイザーズと称されるワン・パシフィック・ファイナンシャル・アンド・インシュアランス・ソリューションズ、LLCを通じて販売される・パシフィック・アドバイザーズLLCは業務免許を受けた投資アドバイザ企業ではない。2005-2017著作権。カリフォルニア州保険免許 #0I32272 2017-446736 (exp.08/19)

Alex Kurosawa is a Registered Representative and Financial Advisor of Park Avenue Securities LLC (PAS). OSJ: 20 Bicentennial Circle, Suite 100, Sacramento, CA 95826, (916)379-0200. Securities products offered through PAS, member FINRA, SIPC. Financial Representative of The Guardian Life Insurance Company of America® (Guardian), New York, NY. PAS is an indirect, wholly-owned subsidiary of Guardian. Pacific Advisors is not an affiliate or subsidiary of PAS or Guardian. Insurance products offered through One Pacific Financial & Insurance Solutions LLC, DBA of Pacific Advisors LLC. Pacific Advisors LLC is not a registered investment advisor. © Copyright 2017 Guardian. CA Ins. License # 0132272 All Rights Reserved by Alex Kurosawa for the article. 2017- 33600 (exp.1/19)

Pacific Advisors, LLC
alex_kurosawa@pacificadvisors.com
日本語直通: 408-497-0257 
1740 Technology Dr., Suite 550, San Jose, CA 95110
CA Ins. Lic. 0I32272, Securities offered through Park Avenue Securities, LLC, a member FINRA and SIPC.
2017-36614 Exp(03/19)
サービス内容:
  • カレッジプラン
  • リタイアメントプラン
  • エステートプラン
  • 企業財務戦略
  • 役員・従業員ベネフィット