学資の貯め方・使い方 2017年6月23日


黒沢篤
大学進学・直前対策
フレッシュマンとして夢と希望に満ちた新たな大学生活を始める18ヵ月前に、親と学生は現実としっかり向き合い大学の最終選択とそれに伴う学費に関する決定をしなければなりません。この時点で最も重要な事はファイナンシャル・モデルを開発し、財務状況を報告し、想定される状況に対応できるかをキャッシュフローの観点から確認する事です。

[1] 第一ステップ:財務情報の整理
学資の計画に必要な最も基本的なファイナンシャル・モデルには1)バランスシート(BS)、と2) キャッシュフロー報告書(CS)がある。BSには貯蓄口座、証券類、不動産、リタイアメント・プラン、キャッシュバリュー生命保険、個人所有資産等の資産と、クレジットカード残高、住宅ローン、ラインオブクレジット残高、所得税、不動産税、等の債務の一覧が含まれます。
CFは次のような収入と支出に関する要約となる。
  1. 前年の連邦と州と地方の税務報告
  2. 前年のW-2 フォームとその他の収入の記録
  3. 課税前所得の記録
  4. 最新の銀行口座・ステートメント
  5. 最新の住宅ローン・ステートメント
  6. 株式、債券、等の投資の記録
  7. 他のローン・ステートメント
  8. クレジットカード
  9. 世帯支出の記録
親と子供の両方がBSとCFステートメントを作成する必要があります。何故なら、それらの財務報告書は連邦政府、州政府、大学、FAFSA1等の必要ベースの助成金の支給元等で精査されるからです。全ての情報を人手で整理するとなると非常に面倒な作業となりますが、最新のソフトウエアを用いる事により作業プロセスを自動化し、時間を節約し、情報を自動的にアップデートする事が可能になります。

[2] 第二ステップ:卒業の日を迎える為に障害を回避する
財務ソフトウエアを用いてファイナンシャル・モデルが完成したら、親と子供は様々な財務予測を行うことが可能になります。ここでの目的はこの先6年余りの間の学費の計画が現実的かどうかを検証する事です。極単純なキャッシュフローの予測も一定の仮定の上に成り立っています。親と子供はその予測の前提を逐一現実的かどうかを確認する必要があります。次のような場合を想定する必要があります。
  1. 親が病気になり世帯収入が永久に途絶えた場合
  2. 予定していた教育援助や奨学金が得られなかった場合
  3. 子供が卒業するまでに予定より1年か2年余計にかかった場合
  4. 充分な流動性が確保されていない場合
  5. 資金の拠出に伴う税額が大きい場合
  6. 手元資金を増やす為に債務を減らす必要に迫られた場合
  7. 親が学費を収入の中から拠出する場合その前提となっているのは収入の流れが継続するという事です。90%の確率で疾病により起こる傷害2により賃金収入が永久に喪失した場合、現在の収入保証プランが充分な収入を保証してくれるかどうかを確認する必要があります。
  8. 多くの人は奨学金や必要ベースの教育援助が得られる事を期待しています。もしそれらが得られなかった場合の代替資金源の目途を予めつけて置く必要があります。
  9. 2008年に4年生の大学に入学して学士号を目指したフルタイムの新大学生の内、6年間で卒業できた割合は凡そ60%です3。学士号を取得するのに必要な時間は平均で6年間と考えるべきです。
  10. 資産の内で最も大きな残高が保全されているのはしばしば不動産の所有分であり、その次がリタイアメント口座となります。学費がそうした口座から拠出されなければならない場合、流動性が問題となるでしょう。
  11. 住宅を処分して所有資産を現金化する場合には市場リスクと信用リスクが伴います。リタイアメント口座から引出す場合には所得税が課税されます。まずは適格学資貯蓄口座のような非課税口座から資金を拠出し、最後に賃金やリタイアメント口座のようなフルに所得税が課される資金を拠出するのが得策と考えられます。
  12. 親は子供が良い学校に行けるよう良い学区に住もうとします。良い学区では不動産は他の地域に比べ割高になっているのが普通です。子供が大学に進学した時点では親は学区から転出して住宅ローンの支払いを減らし、手元資金を増やし、生活費そのものを減らす事を検討するのが良いでしょう。


[3] 他の注意すべき点
現金の購買価値を維持する事は重要です。現在の $10,000 は年率3%のインフレを想定すると6年後には$8,375の購買力しかないことになります。インフレは時間と共にお金の価値を減らしてゆきます。現金は少なくとも消費者物価指数(CPI)で測られるインフレ率に対して価値を守れるような口座にキープしておくことが望ましいと言えます。学費のインフレ率はCPIよりも高い事がありますので注意が必要です。

必要ベースの教育資金援助を米国政府から求める場合には、当該年度の資格は前年の収入を含む財務情報により決定されます。もし祖父母が学費の援助をしたい場合には、学生がシニアの年に拠出することで教育資金援助を受ける可能性を最大にすることができます。

親のリタイアメントに与える影響を抑える事も重要な事です。親はリタイアメント期間中借金をすることはできません。また、子供の収入を当てにして生活する事もできません。親は仕事を続けたくても仕事に就けないでしょう。親が一度消費した資金を充当する方法は無いのです。教育に資産をつぎ込み過ぎてリタイアメント生活を逼迫させるのはバランス取れた決定とはいえません。迷ったらリタイアメント生活の確保を第一目標としましょう。子供にはいくらもオプションがあるのですから。

[4] 学費計画の「ゴーサイン」を出す
多くの人々は財務上の決定を行う時に部分最適化を行うアプローチを取ります。個々の決定はお互いに影響を及ぼさないという前提で財務計画を捉えています。この結果、各々の作戦が不首尾に終わり全体として良い結果を生まないことになります。

ここで議論したように、ソフトウエアを用いてファイナンシャル・モデルを構築し、様々な状況を想定して財務予測を充分行う事が全体最適な学資計画の立案と、親と子供の双方が卒業の日を祝福できるよう複数のオプションを策定する事を可能にします。

  1. FAFSA=Free Application for Student Aid
  2. 2011 Long-Term Disability Claims Review, Council for Disability Awareness. For more information go to www.disabilitycanhappen.org
  3. U.S. Department of Education, National Center for Education Statistics. (2016). The Condition of Education 2016 (NCES 2016-144), Undergraduate Retention and Graduation Rates.
  4. CampusExplorer, “Need Based vs. Merit Based Financial Aid”, March 5,2014.


Material discussed is meant for general informational purposes only and is not to be construed as tax, legal, or investment advice. Although the information has been gathered from sources believed to be reliable, please note that individual situations can vary. Therefore, the information should be relied upon only when coordinated with individual professional advice.

過去の掲載記事をご希望の方は、下記のメールアドレスより直接お問い合わせ下さい。
# タイトル
第1回 高すぎる学費、どうする?
第2回 教育費に困らないために「進学コースと教育費」
第3回 学費貯蓄を始めるに当たって
第4回 学資貯蓄を加速する
第5回 IRS適格 学資貯蓄プランの使い方
第6回 学生ローン返済プログラム
第7回 教育費用と節税対策

黒沢篤 (Alex Kurosawa)

ファイナンシャル・アドバイザー


アレックス・クロサワ(黒沢篤)氏はパーク・アベニュー・セキュリティーズ LLC (PAS)に勤務するレジスタード・レプリゼンタティブでありファイナンシャル・アドバイザである。住所と電話番号OSJ: 20 Bicentennial Circle, Suite 100, Sacramento, CA 95826, (916)379-0200. 証券類商品はFINRA及びSIPCのメンバであるPASから提供される。同氏はニューヨーク州ニューヨーク市に所在する米国ガーディアン生命保険会社®(ガーディアン)のファイナンシャル・レプリゼンタティブでもある。PASはガーディアンの間接100%子会社である。パシフィック・アドバイザーズ社はPAS及びガーディアン社の関連会社でも子会社でもない。保険商品は通称パシフィック・アドバイザーズと称されるワン・パシフィック・ファイナンシャル・アンド・インシュアランス・ソリューションズ、LLCを通じて販売される・パシフィック・アドバイザーズLLCは業務免許を受けた投資アドバイザ企業ではない。2005-2017著作権。カリフォルニア州保険免許 #0I32272, 2017-34349(Exp 02/19)

Alex Kurosawa is a Registered Representative and Financial Advisor of Park Avenue Securities LLC (PAS). OSJ: 20 Bicentennial Circle, Suite 100, Sacramento, CA 95826, (916)379-0200. Securities products offered through PAS, member FINRA, SIPC. Financial Representative of The Guardian Life Insurance Company of America® (Guardian), New York, NY. PAS is an indirect, wholly-owned subsidiary of Guardian. Pacific Advisors is not an affiliate or subsidiary of PAS or Guardian. Insurance products offered through One Pacific Financial & Insurance Solutions LLC, DBA of Pacific Advisors LLC. Pacific Advisors LLC is not a registered investment advisor. © Copyright 2017 Guardian. CA Ins. License # 0132272 All Rights Reserved by Alex Kurosawa for the article. 2017- 33600 (exp.1/19)

Pacific Advisors, LLC
alex_kurosawa@pacificadvisors.com
日本語直通: 408-497-0257 
1740 Technology Dr., Suite 550, San Jose, CA 95110
CA Ins. Lic. 0I32272, Securities offered through Park Avenue Securities, LLC, a member FINRA and SIPC.
2017-36614 Exp(03/19)
サービス内容:
カレッジプラン
リタイアメントプラン
エステートプラン
企業財務戦略
役員・従業員ベネフィット