第19回:
スマートベッド / オンデマンド配送 / 自動返金アプリ / 無線充電器/ EC割賦 2018年1月19日

今週も一週間の資金調達およびM&Aのニュースから、面白いシリコンバレーのスタートアップを5つピックアップして紹介します。

  1. 「スマートベッド」Eight
  2. www.eightsleep.com
    [HW/マットレス] Eight
    Series B ($10.4M) Khosla Ventures and Yunqi Partners

    ベッドの温度を調整したり睡眠状況をトラッキングしてくれるスマートマットレス。
    睡眠前にマットレスを温めたり、起きやすいタイミングでアラームを鳴らしてくれるだけでなく、心拍数や呼吸数といったデータをトラッキングして睡眠の深さを分析(スコア化)してくれる。また、他の電化製品とも連携し、起床時にコーヒーメーカーをオンにしてくれたり、電気をつけたりできる。最近では、AmazonのAlexaと連携し、アプリを開かずに音声だけで操作が可能とのこと。価格は$699から。マンハッタンにショールームを持ち、Eight Suiteと呼ばれる店内で実際に体験できる。
    2014年創業、本社はニューヨーク。Khosla Ventures等から今回調達した$10.4Mは、引き続きサービスの拡大に活用する予定。

  3. 「オンデマンド配送」Shipt
  4. www.shipt.com
    [Service/配送] Shipt
    550M by Target Corporation

    オンデマンドで食料品を自宅まで届けてくれるサービス。
    アプリを通じて注文すると代わりにスーパーで買い物し、最短1時間で自宅まで配達してくれる。年会費99ドルのメンバーシップに加入すると、発注金額が35ドル以上であれば無料で何度でも配達してくれる。今回、小売大手のTargetによって買収され、2018年初から1,800店以上あるTargetの約半数の店舗で、即日配送サービスを開始し、2018年のホリデーシーズンには、ほぼすべての店舗で即日配送を可能にする予定とのこと。
    2014年創業、本社はバーミンガム。

  5. 「自動返金アプリ」Earny
  6. www.earny.co
    [Service/金融] Earny
    Series A ($9M) Comcast Ventures, Mayfield Fund and Science

    オンラインショッピングで値段が下がった時に差額を返金してもらえるサービス。
    メールアカウントと同期し、ユーザーのオンラインショッピングのレシートを把握し、Amazon、Walmart、Target、BestBuyなどの価格を追跡、値引きされた商品を発見した場合には差額を自動的に返金してくれるサービス。Earnyはそのプロセスを代行した代金として差額の25%をコミッションとして徴収する。最も多いのは家電や洋服だが、上位35の小売店で取り扱う5000万アイテムをトラッキングしており、実際にユーザーは平均5%程度の返金を受けているとのこと。
    2015年創業、本社はサンタモニカ。Mayfield Fund等から今回調達した$9Mは、旅行業界への進出に活用する予定。

  7. 「無線充電器」Pi Charging
  8. www.picharging.com
    [HW/充電] Pi Charging
    Series A ($11.4M) E14 Fund, ENIAC, Foundry Group, NextView Ventures, Silicon Valley Bank and Uncork Capital

    スマートフォンやタブレット用の無線充電器。
    これまでのようにコードに接続したり、充電パッドの上に置く必要がなく、近くに置くだけでスマホやタブレットが充電できる円錐型充電器。具体的には、半径30cm以内であれば最大4台までフルスピードで充電できる。2018年に200ドル以下での販売を実現するために、8ヶ月以内に従業員を現在の8名から倍増させる予定とのこと。MITからスピンオフし、今年のTechCrunch Disrupt SFのコンペで優勝したことでも知られている。
    2015年創業、本社はサンブルーノ。Foundry Group等から今回調達した$11.4Mは、2018年のリリースに向けた開発費用に活用する予定。

  9. 「EC割賦」Affirm
  10. www.affirm.com
    [Service/金融] Affirm
    Series E ($200M) Caffeinated Capital, Founders Fund, GIC, Khosla Ventures, Lightspeed Venture Partners, Ribbit Capital and Spark Capital

    オンラインショッピングの際に、「分割払い」を提供してくれるサービス。
    従来のクレジットスコアによる与信方法ではなく、オンライン上の様々なデータを使った与信方法のため、クレジットカードを持てない人でも購入時にすぐに利用できるローン。支払期間は3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月から選べ、金利は年率10%〜30%(アメリカのクレジットカードの平均金利は約16%)。これまで100万件以上の貸出実績を持ち、エクスペディアやWayfair、Casper、 Cole Haanを含む1200の小売店のオンラインショッピングに対応している。最近ではバーチャルクレジットカードも発行し、Affirmの提携先以外での買い物も可能とのこと。ミレニアム世代を中心に受け入れられ、今回の資金調達によりユニコーンの仲間入り。
    ペイパルの共同創業者であるMax Levchinが2012年に創業、本社はサンフランシスコ。GIC等から今回調達した$200Mは、提携企業の拡大及び、新サービスの開発、海外展開に活用する予定。

宮田 拓弥(Tak Miyata)
Scrum Ventures General Partner


MiyataMiyata 1972年、神奈川県生まれ。1997年早稲田大学大学院理工学研究科薄膜材料工学修了、同年にはロス・ペロー率いるElectronic Data Systems (EDS)に入社。26歳で起業を決意。日米両方での起業&Exit経験を経て、2009年ミクシィのアライアンス担当役員に就任し、Mixi America CEOを務める。2013年Scrum Venturesを創業。


Scrum Ventures
http://scrum.vc/
Zen Square/DG717
717 Market St, #100
San Francisco CA 94103