第3回: 今週のスタートアップ注目5社2016年9月16日

  1. 「スニーカーマーケットプレイス」GOAT
    www.airgoat.com
    [Marketplace/スニーカー] GOAT
    Series A ($5M) Matrix Partners, Upfront Ventures and Webb Investment Network

    「スニーカー専用」のモバイルマーケットプレイス。
    AdidasやNikeなどの人気ブランドの新品、中古のスニーカーを扱っている。eBayなどの「オープン」なマーケットプレイスとは異なり、ブランドや商品の状態などを出品前にちゃんとチェックする「管理された」マーケットプレイス。Sellerが商品をリストする前に、GOATが商品の真贋や状態をチェックするという。まずは、画像認識などコンピュータで事前チェックを行い、その後LAにある倉庫で人がマニュアルで詳細にチェック、そしてクリーニングなどが行われた上でリスト化される。
    現在社員は20人。今回の資金調達で人材の採用、レビュープロセスのさらなる自動化などを行うという。現在は米国中心だが、海外対応も進める。

  2. 「ソフトターゲットセキュリティ」Evolv Technology
    www.evolvtechonology.com
    [Enterprise/セキュリティ] Evolv Technology
    Series B ($8M) General Catalyst Partners, Intellectual Ventures and Lux Capital

    テロの「ソフトターゲット向け」高速ボディスキャナー。
    最近の多くのテロは、大きな会場でたくさんの人がいるソフトターゲットを狙うものが多い。空港などでもチェックポイントの警備は充実しているが、それ以外のターミナルなどのエリアにはセキュリティがいないという課題がある。従来の金属探知機は1分間に15-20人程度、ボディスキャナーは1分間に30人程度と、多くのソフトターゲットに導入するにはスピードが大きな課題であったが、Evolv社のボディスキャナー Sentryは、1分間に800人がチェックできるスピードが売り。
    3年前に設立され、Bill Gatesなどから出資を受けている。製品はほぼ実用化の段階にあり、10月に500万円ほどで発売予定。見た目は通常のボディスキャナーと同じだが、スピード、移動性に優れている。また、顔認識などの外部システムとの連携も可能だという。

  3. 「不動産エージェント」Compass
    www.compass.com
    [Marketplace/不動産] Compass
    Series D ($75M) Founders Fund, Institutional Venture Partners, Thrive Capital

    自宅を売却したい人向けのオンラインエージェント。
    データやテクノロジーを活用し、高い値段で効率的に不動産の売却を支援するオンラインエージェントサービス。現在米国の不動産市場は好調で、売り上げは2015年から約三倍に伸び、今年すでに$100Mを突破しているという。ビジネスモデルは、売買に対するフィーモデル。現在、$7Bもの取引量となっているという。
    今回の調達は、新しい地域への展開(現在全米24都市)と技術開発に投下する予定だという。

  4. 「簡単リフォーム」Renoviso
    www.renoviso.com
    [Service/リフォーム] Renoviso
    Series A ($3.5M) Bessemer Venture Partners, NextView Ventures and RRE Ventures

    自宅のリフォームを簡単に行えるプラットフォーム。
    窓を変える、床を張り替えるなどのリフォームの際に、プロジェクトに適した地元のパートナーを見つけ、見積もりを貰い、支払いまでオンラインで行えるサービス。$300Bとリフォーム市場は巨大だが、まだオンラインのプレイヤーが少ないという。Houzzなど、リフォームの様々な選択肢が検索できるサービスは徐々に出てきているが、Renovisoの特徴は効率性とスピードだという。
    ボストン発。今回資金調達で得た資金は、チームの拡大に使うという。


  5. 「リアルタイム組織評価」Glint
    www.glintinc.com
    [Saas/人事] Glint
    Series C ($27.2M) Bessemer Venture Partners, Meritech Capital Partners, Norwest Venture Partners and Shasta Ventures

    AIを活用して、組織の状態をリアルタイムで把握するソリューション。
    従来の年に1-2回の360度評価の代わりに、従業員がマネジメントをどう考えているか、福利厚生に満足しているかなどを頻繁に調査し、機械学習、自然言語処理などを活用して、課題や修正点などをリアルタイムで抽出するソリューション。チームになぜ問題が起こり、優秀な社員がやめてしまうのかなど、組織の課題をすぐに把握し、対策に移すことができるという。
    AOL、eBayなど中規模以上の企業がクライアント。従業員の満足度とビジネスの関係も測定できる。今回の資金調達は採用、製品開発 などに利用するという。

宮田 拓弥(Tak Miyata)
Scrum Ventures General Partner


MiyataMiyata 1972年、神奈川県生まれ。1997年早稲田大学大学院理工学研究科薄膜材料工学修了、同年にはロス・ペロー率いるElectronic Data Systems (EDS)に入社。26歳で起業を決意。日米両方での起業&Exit経験を経て、2009年ミクシィのアライアンス担当役員に就任し、Mixi America CEOを務める。2013年Scrum Venturesを創業。


Scrum Ventures
http://scrum.vc/
Zen Square/DG717
717 Market St, #100
San Francisco CA 94103