J weekly



グルメ


サンノゼ・サンタクララ > 日本料理 / 焼き鳥 / 居酒屋 / ラーメン

 

ほし / Hoshi


Share

 

 

便利なサラトガアベニュー沿い、200種類以上の絶品料理

 

 

2012年夏で7周年を迎えた「レストラン ほし」は、日本人におすすめの日本食レストランと断言できる。メニューは一品料理を含めて200種類以上。寿司、天ぷらだけに偏りがちなアメリカの日本食レストランが多いが、その中でも200種類以上の料理の品数を揃えているのは、全米広しと言えども他にはないであろう。

その200種類以上の料理の中から、J weeklyおすすめを紹介!

 

← 小鉢の中に秋の彩り
  きのこと野菜の揚げびたし

秋に色づく森と大地の小さな声が小鉢の中から聞こえてきそうな一品。しめじ、しいたけ、えりんぎなど、色んなきのこに、山芋、かぼちゃ、おくらなど色鮮やかな野菜たちのおしゃべりだ。優しい味付けで、きのこ、野菜の熱の通りが程よく素材の持つ歯ごたえが楽しめる。

 

 

 

 

← もつ鍋

冬のおすすめは、1人鍋シリーズ。「湯豆腐」「豚ちり」「激辛豆腐チゲ」「カキ鍋」「たこしゃぶ」「ねぎま鍋」「よせ鍋」「石狩鍋」「たらちり」「すき焼き」「ふぐちり」と、これまた豊富なラインナップだが、写真は、もつ鍋。もつ鍋というと味噌仕立てが多いが、このもつ鍋はすまし仕立てのあっさり風味で、鷹の爪のピリ辛がアクセントだ。酒の肴の一品としてつついて、残った出汁を雑炊にして酒の〆にするとバッチリ。

 

 

 

← 鯛の塩焼き

まるごと一匹新鮮な鯛を焼き上げ。軽く塩をまぶすだけ。味付けはあくまで塩だけにこだわり、素材そのものの味を引き出す料理法にこだわっている。鮮度に自信のある素材だけを取り揃えている裏づけだ。

 

 

 

 

 

 

← もっこす鰤(ブリ)のしゃぶしゃぶ

ここベイエリアでもブームの続くしゃぶしゃぶ。しゃぶしゃぶといえば牛肉が主流だが、脂の乗った寒鰤(ブリ)のしゃぶしゃぶもまた格別。素材の鰤は、True World Foodsがお届けする、もっこす鰤。「もっこす」とはこの鰤が育った豊穣な天草灘に臨む熊本の方言で、「こだわりを持った頑固者」という意味。

 

 

 

その品質と美味しさへのこだわりポイントは3つ。
まず、厳しい管理のもとで1匹1匹丁寧に育てられた鰤だということ。そして、水揚げ直後に魚体温度を急激に下げ、高鮮度のまま氷温熟成していること。さらに、この鰤は氷温スラリーシステムによって輸送中も美味しく熟成を続けていること。

 

 

 

この鰤を丁寧にさばいていくと、身は透明感のある桜色。「新鮮だから色がいいね」と、ほしさん。料理人の腕が光る。豆腐の上にきれいに盛り付けられていく様子はまるで雪に散る冬牡丹の花びらのよう。添えられた野菜はネギと春菊だが、水菜も濃厚な鰤との相性は抜群だ。

「刺身で食べられる鰤だから火を通しすぎず、色が変わったところが食べごろだよ」と、ほしさん。美しくスライスされた鰤を、昆布出汁の効いたスープでサッと火を通す。呑水に用意されたのは、ポン酢と胡麻だれ。刻みネギ、紅葉おろし、大根おろし、柚子胡椒などの薬味とポン酢でサッパリと食べるのもよし。また、高級和牛のように脂の乗った鰤は、胡麻だれで味わいが増す。鍋から立ち上る湯気に思わず笑顔になる逸品だ。

 

また、「ほし」のインテリアと言えば?!手書きメニューで覆い尽くされた店内!
食事の最中にも、気になるメニューが次々と目に飛び込んできてしまう!

 

↓ 左側                              ↓ 右側
 

↓ 正面                              ↓ 玄関側
 

 

「ほし」の一品料理の一部は、マルカイ クパティーノ店のお惣菜コーナーでも購入できる。おにぎり、手巻き寿司、丼もの、お漬物、サラダなど、レストランと同じ味を、お手頃価格求められるのがうれしい。

temp-thumb
temp-thumb
temp-thumb
temp-thumb
temp-thumb
temp-thumb

基本情報

店名 ほし / Hoshi
住所 246 Saratoga Ave Santa Clara, CA 95050
電話 408-554-7100 ※ご予約・お問い合わせの際は、J weeklyを見たと言うとスムーズです
営業時間 ランチ 月〜金 11:30am-2pm
ディナー 月〜土 6pm-10pm
URL http://www.restauranthoshi.com


 

 

 

 


免責事項と著作権について | サイトマップ | 採用情報 | 会社概要 | お問い合わせ | © 2018 J weekly