J weekly



グルメ


パロアルト > 日本料理 / 寿司

 

陣匠 / JIN SHO


Share

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニューヨーク「NOBU」出身のシェフ達が繰り出す、
豊富なネタが自慢のお寿司と創作料理

 

パロアルトにあり、故スティーブ・ジョブス氏も足繁く通ったことで知られる有名店。同店では、築地や九州から仕入れた鮮度抜群の旬の魚を握りにしてくれる。

NYの「Nobu」でエグゼクティブ・シェフをなさってらしたお2人がパロアルトにお店を出されると知って大興奮。私にとってLAの「Matsuhisa」は数えるほどしか行っていないながらも、その度に鮮烈に記憶に残るトップクラスに美味なお店なので、こちらのお店への期待とワクワクも相当なものでした。そしてその期待とワクワクは、今でも伺うたびに裏切られることがありません。

 

正統派の和食と、星つきフレンチ並みのソースや創作お料理の見事な調和。そして、運ばれてくるお料理は、時に会席の美、時にフレンチ張りの美を呈しており、どこまでも目を楽しませてくれます。お味のほうは言うまでもなく、至福のひと時のお約束。 まずはランチからでも、もちろん◎。ディナーであれば、お刺身やお鮨はもちろんですし、3つのお料理をチョイスするプリフィクスやメインを決めてのアラカルトもよろしいでしょうが、初めて行かれるのであれば、”おまかせ”をおすすめいたします。お値段によってお料理が2品、3品、4品となっており、それにお鮨5貫とお味噌汁+デザート。何が出てくるのかのお楽しみ付きです♪(苦手なものがおありな方はその旨お伝えなさればよろしいかと存じます) 前回とお料理が重ならないように何度目のおまかせなのかを尋ねて下さる心配りはハナマルもの!

マグロにあなご、タイ、カンパチ、しまあじ、寒ブリなど種類も豊富。ディナーのプリフィックスメニューは、2つのコースに分かれていて、それぞれ3品お好きな料理を選ぶことができる。プリフィックスメニューは季節によってメニューを変えていくので、今後も楽しみ。

オーナーシェフの金子さんの実家はなんと魚屋。幼い頃から魚に触れてきたゆえ、その目利きはプロ中のプロ。また、もう一人のオーナーシェフである高橋さんの実家は洋酒屋。寿司に合うお酒を選ぶスキルは相当なものだ。2007年開店、今後目指す究極の料理は「漁師料理」だという。その心は「新鮮かつ大胆、素材の旨味を引き出す」と意味合いにある。その彼らが握る寿司。まさに一食の価値あり!

私は日本酒は嗜みませんが、お好きな方曰く「美味しい日本酒が揃っている」そうですので、美味しい和食と美味しいお酒で秋の夜長を始められるのも乙かと思います。

 

 

 

 

 

 

夏にぴったりの爽やかでさっぱりとしたメニューは、「陣匠サルサ」。小さくカットしたマグロ、サーモン、アボカド、きゅうり、しそ、トマトなどの具に特製ソースをかけたもの。このソースが本当においしい。特製のポン酢の様なソースだが、シンプルに素材の味を引き立てている。ビール、酒、ワインにもぴったりのだろう。金子さんは「マグロやサーモンが好きなお客様から変わった食べ方がしたいと言われて作ってみました。サラダ感覚で食べて頂ければと思います」と話す。 マグロ、サーモンが好きな方、夏バテの方など是非お試し頂きたい。

 

 

また、夏のおすすめは、北海道産のミズダコ。マダコに比べ柔らかく、歯触りがよいミズダコは他では食べることができない絶品。しかも、まだ生きた新鮮なものだ。

 

 

 

 

 

 

 

そしてなんといっても、日本から取り寄せる鰻。「陣匠」では、鰻も生きたものを仕入れお店で捌く。白焼きにして素材の美味さを最大に引き出された鰻を、柚子胡椒で食べる。柚子胡椒の香りがにくい演出をしてくれる。鰻はさばくのが難しく、こんなにやわらかく美味しいものは絶対に他では味わえないだろう。料理人の技と経験が作り出す一品だ。

 

 

 

 

 

こちらは、夏にさっぱり食べることができるアペタイザー「鰻の春巻き」。鰻、アボカド、シソ、トマトをイタリアン風の春巻きにし、バジルオイルと煮つめをかけた一品。トマトのさっぱり感と油を全く使っていないのであっさりとして余分な脂質もとらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして「鴨のサラダ」。鴨のローストを味噌ドレッシングとバジルオイルで頂くが相性がいい。鴨が香り高い味噌ドレッシングで生きている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秋には、さっぱり梅ドレッシングとソランチョの香草の香りでまとめた、旬の北海道産の秋刀魚。程よくしめた秋刀魚と、マンゴー、チェリートマト、レッドオニオンがうまく香りと調和している。和と西海岸の味をヒュージョンした味だ。日本酒、白ワインと一緒に召し上がるのがおすすめ。お酒の〆には自家製の豆腐のチーズケーキがGood。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランチの弁当Boxは、なんと$10.75。弁当の内容はオーナーシェフの金子さんが選ぶ旬の料理で日替わりする。カリフォルニアロール、スパーシーツナ、ねぎはまなど10種類以上の巻物や、豚しょうが焼き、鯖塩焼き、鴨のローストなどのメインディッシュなど素材に、こだわり手間ひまかけた陣匠の味を贅沢に堪能できるセットになっている。1日限定10食限定とのことなので、お早めに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて行かれるのであれば、「おまかせ」がおすすめ。値段によってお料理が2品、3品、4品となっており、それにお鮨5貫と味噌汁+デザート。何が出てくるのかのお楽しみ付!苦手なものがある方はその旨を伝えるのもよし、また前回とお料理が重ならないように、何度目のおまかせなのかを尋ねて下さる心配りもうれしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他、本マグロのヅケ、あわび、ホタルイカ、熊本オイスターなど常時30種、週末は40種を越す旬の鮮魚を堪能することができる。 お好きな料理を組み合わせることができるプリフィックスメニューは、なんと81種類以上の組み合わせができる。魚だけでなくシャリは魚の脂を引き立て、あっさりしている赤酢を使用。金子さんは「日本人が食べて美味しいもの作ることを常に心がけています」と語る。舌の肥えている「陣匠」のお客さんだが「日本で食べていた寿司よりおいしい」と言う声も多く聞くという。

 

  

  

temp-thumb
temp-thumb
temp-thumb
temp-thumb
temp-thumb
temp-thumb

基本情報

店名 陣匠 / JIN SHO
住所 454 S California Ave Palo Alto, CA 94306
電話 650-321-3454 ※ご予約・お問い合わせの際は、J weeklyを見たと言うとスムーズです
営業時間 ランチ 月〜金 11:45am-2pm
ディナー 月〜金 5:30pm-9:30pm
土 5:30pm-10pm
URL http://www.jinshorestaurant.com


 

 

 

 


免責事項と著作権について | サイトマップ | 採用情報 | 会社概要 | お問い合わせ | © 2018 J weekly