J weekly



グルメ


サンノゼ・サンタクララ > ラーメン

 

らーめん 晴 / Ramen Halu


Share

 

 

ラーメンストリートの人気店
サンノゼ・ラーメンブームの火付け役の大本命

 

湘優らーめん

 

 

「ラーメンには正解がないんです。そしてラーメン丼一杯が表現の全て。クリエイティブで面白い、本当に奥の深い料理です。」と、「らーめん 晴」オーナーシェフの新井久磨男さんは言う。新井さんは実家が食品関係の仕事をしていて、子供の頃から豚骨などの食材が身近な存在だったという。そして母親がよく作ってくれたラーメンは、豚骨を砕くところから作る本当の豚骨ラーメン。自宅キッチンには「マイ寸胴」があったというから、かなり本格的だ。新井さんは、自分のつくるラーメンは、母親のラーメンの影響を受けていると言う。晴のラーメンが多くの人に愛されているのも、新井さんが思い出と共に母親から受け継いだ愛情がラーメンにこもっているからだろう。

 

 

 
          晴らーめん                      塩らーめん

 

「らーめん 晴」のスープのベースは2種類。塩、醤油ラーメンのクリア系は丸鳥、豚拳骨、もみじ(チキン)、野菜などをじっくり煮込む。そして晴ラーメンは、豚骨がベース。これらいわば動物系のスープに、煮干、昆布、貝柱、椎茸などの魚介類の和風だしを合わせる。ちょっと理屈っぽく言うと、イノシン酸とグルタミン酸が、これで絶妙なハーモニーを奏でるというわけだ。もちろん、塩や醤油にもこだわっている。塩は沖縄と赤穂の塩、醤油も吟味して使っている。

 

 

そして麺。塩ラーメン、醤油ラーメンにはスープのからみのよい極細麺。逆に、晴ラーメンには強いスープに負けないように、極太麺を使用する。さらにツケ麺には全粒粉使用の麺にツケ汁はだしの比率を高くして、より和風っぽくとこだわりは徹底している。

 

 

大人気メニューのつけ麺の特徴は、何といってもインパクトある太麺の食感。オリジナルと小麦全粒粉の2種類が用意された太麺は、茹でた後に冷水でキュッと締めているため、もちもち感を残しつつもスルッとしたのど越しが味わえる。次に、その太麺にしっかり絡み、味の決め手となるつけだれ。素材のうまみを出すためにじっくり煮込んだこくのあるスープに、かつお、煮干し、昆布、椎茸がベースの和風だし、自家製の醤油だれが調和した風味豊な仕上がりとなっている。そしてトッピングのチャーシュー、ほうれん草、ネギ、メンマ、きくらげに海苔、ゴマが加わり、どれをとってもその食感と風味が口に広がるバランスの良い仕上がり。

 

アサリの風味がふわーっと広がる
夏限定・あさりのつけ麺

1オーダー毎に、西海岸産の新鮮な活あさりをニンニクと自家製和風だし汁ともにフライパンにかけ、鶏と野菜ベースのスープ、とんこつと昆布を長時間炊いたスープをブレンド。ホタテ、貝柱など海の塩から作る自家製塩だれと相まって最高の塩梅に。麺はつるつるモチモチ食感のオリジナル麺、小麦の香り豊かで食物繊維豊富な全粒粉麺から選択可。ランチ・ディナー、各20食のみ。

 

 

 

ここで耳寄り情報!麺を食べた後にその濃厚なつけだれを楽しむために、そば屋でいうそば湯にあたるスープ割りも提供中。つけだれに含まれるうまみを最後まで味わうことができる。スープの味は日々研究をし、進化させているという。ラーメンを含めた全メニューは、化学調味料など一切使用しない「No MSG」。お子様連れの家族でも楽しめるラーメンだ。

 


<過去に提供された、名ラーメンの数々>

潮だし・湘優だしつけ麺
潮のつけスープは、鶏ベースの澄んだスープに、3種類の粗塩にホタテや干し海老などで作る自家製潮だれと 香味油をブレンド。湘優のつけスープは、3種類の醤油をブレンドした自家製醤油だれで懐かしい香り。お好みに合わせてお好きな方を選べる。 麺はオリジナルの細麺もしくは全粒粉の細麺から選べる。茹でた後に冷水で洗って締めたつるつるの細麺は、よく冷えた自家製和風だしの中に入れられてサーブされる.麺完食の後は、つけスープを和風だしで割って粋に頂く。別皿のトッピングは、ジューシーな黒豚ばらチャーシュー、オリジナルのロースのチャーシュー、とろりとした半玉、ネギ、大葉、糸とうがらし、海苔と栄養も満点。開放感のある店内でローカルの新鮮で安全な食材を厳選し、日本の味覚を再現した夏の限定メニュー。

 

涼麺 ー枝豆ピュレ添えー
涼しげなエメラルド色が何とも食欲を誘うこの一杯。冷たいスープ&細めんの上に何と枝豆ピュレ、和風だしのカキ氷が加わり、サッパリなのに濃厚、 ラーメン業界の中でも「初」と言い切っていいほど新ラーメン。鶏、豚がら、たくさんの野菜に、昆布や干し椎茸などを入れゆっくりと炊いてできたスープはお肌に良いコラーゲンがタップリと入っている。そのスープの自然のとろみに、フレンチのヴィシソワーズ(ジャガイモの冷製スープ)からヒントを得たという枝豆ピュレの絶妙な舌ざわりが加わり、今まで何とも言えない斬新な食感。トッピングには味付け蒸し鶏のスライス、ネギ、かいわれ大根にローストされたひまわりの種が散りばめられ、低カロリーなのに栄養満点。ヘルシー志向の方にも、ラーメンはちょっと重くて・・・という女性にもおすすめ!一杯食べ終わるころには体もヒンヤリ。新井氏が「ヘルシーをテーマに統一感のある仕上がり」と自信を持って提供の、夏バテ防止メニュー。


パンプキンラーメン
毎年ハロウィーンの季節に登場する、イタズラ心いっぱいのスペシャル・ラーメン。塩ダレ豚骨ベースのスープに、パンプキンペーストを溶かし込んだオレンジ色のスープに太麺の組み合わせ。オニオンスライスのトッピングに、パルメザンチーズの山には半熟卵の月がかかり、大きな海苔のコウモリが飛ぶ。チーズの山を崩してスープによくミックスしていただく。ちょっとスープ・スパゲティのような感覚。このパンプキンラーメン、小技も利いている。シメジはバター、酒、醤油でソテー。コーンもバターと醤油で焼きとうもろこし風に仕上げてある。さらに、エシャロットのフライにパセリが散っている。食べられるのは、ハロウィーン期間のみ!


ロブスターラーメン
スープは活ロブスターを捌いて頭を丹念に煎ってとったスープ、とんこつスープ、鶏ベースのスープの3種をブレンドし、隠し味は濃厚なロブスター味噌、トッピングにはプリプリの身はもちろんのこと、海藻から作られているという透明でコリコリとした食感のチュンサチャン。仕上げは、さくっと揚がったリークとエシャロット、グリーンオニオン、青のりで〆。全ての食材がうまく調和され、かつ、それぞれの良さが余す事なく引き出されている。ロブスターの美味しさと海の香りを存分に堪能できる一杯。

 

temp-thumb
temp-thumb
temp-thumb
temp-thumb
temp-thumb
temp-thumb

基本情報

店名 らーめん 晴 / Ramen Halu
住所 375-M Saratoga Ave San Jose, CA 95129
電話 408-246-3933 ※ご予約・お問い合わせの際は、J weeklyを見たと言うとスムーズです
営業時間 ランチ 月ー金 11:45am-2pm
土日 11:45am-2:30pm
ディナー 月水木日 5:30pm-9pm
金土 5:30pm-9:30pm
URL NA


 

 

 

 


免責事項と著作権について | サイトマップ | 採用情報 | 会社概要 | お問い合わせ | © 2017 J weekly