J weekly | サンフランシスコのフリーペーパー

夏だ!ビールだ!ベイエリアで地ビール堪能2015年6月23日

アメリカの地ビールとは?

様々な定義があるが、アメリカのクラフト・ビール(地ビール)は下記のように定義される。

少量生産
年間600万バレル以下(アメリカの年間生産の約3%)。
独立した経営
地ビールのブルワリーで大手アルコール飲料会社と経営上関係しているのは25%以下。
伝統的手法による製造
伝統的又は独自の新しい手法で地元の特産品など使用し、独自の発酵技術をにより個性溢れる味、色、香りを作り出す。

ビールの種類

ピルスナー(Pilsner)
日本でも一般的な明るく軽い口当たりのビール。
色:Light
苦味:Medium
香り:Light
ペールエール(Pale Ale)
ピルスナーよりも苦味が強く、クラフト感が漂う。
色:Medium
苦味:Strong
香り:Strong
アイピーエイ(IPA)
元来保存のため苦味と香りを強くしたもの。
色:Medium
苦味:Very Strong
香り:Very Strong
ヴァイツェン(Weizen)
苦味が少なくフルーティ。その色合いから「白ビール」とも呼ばれる。レモンを搾ると更にリフレッシュ。
色:Light
苦味:Light
香り:Very Strong
スタウト(Stout)
麦芽を高温で焦がしてから使用するので香ばしい香りが特徴。ギネスで代表される「黒ビール」。
色:Very Dark
苦味:Medium
香り:Medium
参考:www.craftbeer.com

サンフランシスコ&オークランド
世界の地ビール堪能できる!Bar List 10