J weekly | サンフランシスコのフリーペーパー

ギフト編: 一年で一番楽しいホリデーシーズン到来!2015年12月14日

街中はイルミネーションでキラキラ輝き、あちこちからホリデーソングが流れて来て、寒さなんて吹き飛ばすくらい心が躍ります。

しかし、日本では師匠でさえ走り回らなくてはいけない程の忙しさになることから「師走」と呼ばれる12月。楽しいけれども、こなすTo Doリストはエンドレス。すでに旅行の手配は終わりましたか?ホリデーカードは送りましたか?そして何より体力的にも精神的にもプレッシャーがかかってくるのが「ギフトショッピング」…ああ、また今年も悩まされます。

National Retail Federationによると、毎年ギフトに費やされる個人の平均金額はなんと、800ドル弱!今年のブラックフライデーセールの平均出費額は約300ドルだったとか。尚、25歳~34歳においては平均で約430ドル使ったという結果が出ており、その69・3%が贈り物用だと言います。家族や友人の喜ぶ顔が見たいけれども、ここはしっかり計画をして挑まなければ!

ギフトショッピングの便利術、節約術
リストを作る

誰に何を買うか、名前、ギフト名、予算金額のリストを作る。作ったら再度確認をすること。そして来店したら、そのリストに沿ったものを購入するように努め、他のものに目移りしないこと。特に予算を超えると1月にまとまった請求書が来た時に驚くことに。

何が欲しいか聞いてみる

新しく家族になった義理のお母様やちょっと気になる異性に特別なものを買って喜ばせたい!と張り切っても、実は本人が今一番欲しいものは$20のコーヒーポットだったりするかもしれない。本人の欲しいものを効率よくゲットして行くためにも、まずは聞いてみては?

シークレットサンタ

大家族だったり、どんでもない数の友人と会わなければならなかったら、「シークレット・サンタ」がオススメ。誰のために買うのか、誰のギフトをもらうのか交換するまでわからないけれども、ドキドキ感がプラスされてゲーム感覚で楽しめる。

「シークレット・サンタ」とは
主にアメリカで行われるギフトの交換方法。ルールは様々だが、参加者全員が決められた値段のギフトを1つずつ持ち寄り、人数分の番号を書いた紙片を順に引いて行く。ギフトの山の中から、自分の番号のギフトをもらうというもの。

オンラインショッピング

何よりも便利なものはオンラインショッピング。もしかしたらパジャマのままでカウチに足を投げ出して、全ての買い物を終わらせられるかもしれない。パーキングの取り合いをして、人ごみの中歩き回り、レジの前の延々と続く列に並ぶことを考えると、体力温存のためにも嬉しい。

オンラインショッピングの心得

サンクスギビングが終った今は、セールシーズンまっ只中!最近ではインターネットの普及により、「ブラックフライデー」に続き「サイバーマンデー」というオンラインショップのみのセールも登場。あなたの受信トレイも、未読のダイレクトメールで溢れ返っているのでは?

あるオンライン会社の千人以上を対象とした調査によると、2010年に22%の人がオンラインでギフトショッピングをしたのに対し、2014年には50%まで増加している。

しかし、そんな便利なオンラインショッピングもちょっと気をつけたいことがある。安全にショッピングを楽しむために、下の5点を確認しよう。

❶うまい話には裏がある…
発信元不明のメールなどに「80%オフ!!」などと書かれているとついクリックしてしまいがちだ。しかし、このようなサイトはあなたのデータを盗むためのものである危険性があるため、まずは発信元のアドレスをPCに手入力してみて、どこからの情報か確かめてみよう。

❷誰が見ているかわからない!
近年、ネット上での個人情報のリークが多発。調査の結果、50%を超える人がコンピューターや携帯にロックをかけていないことが明らかになっている。あなたの個人情報をいつ盗まれるかわからないので、 パスワードなどでしっかりとロックしておこう。備えあれば憂いなし!自分の個人情報は自分で守るように努めよう!

❸公共Wi-FiはNG!
公共のWi-Fiを使うと、あなたのパスワード、ビリング情報などの個人情報をハッキングのリスクが高くなる。自宅や会社などの信用のおけるネットワークを使うことが一番安全。もし公共のWi-Fiを使わざるを得ない場合、購入は控え、ただ検索するとか、値段を比べるなどの時にのみ使うようにしよう。

❹公式アプリを使う年々、携帯電話や端末から商品を直接購入する人が増えている。  「Android Market」や「Apple App Store」、「Amazon App Store」などの安全なソース(審査を受け販売の許可を得たアプリのみを販売しているプロバイダー)からダウンロードした公式アプリを使うように心掛けよう。
アプリをダウンロードする際にいくつかpermissionを聞かれるが、注意して読み、例えば「あなたのコンタクトリストにアクセスを許可しますか?」などの質問が出て来た際には要注意!ダウンロードする前にそのアプリの評価を別サイトで調べてみて、高い評価を受けているもののみを使うことをオススメする。

❺セキュリティアプリを使うオンラインショッピングが日常化する中で、40%以内の人しか所持している携帯電話・端末にセキュリティーアプリをダウンロードしていないということが調査でわかっている。セキュリティーアプリは瞬時にウィルスを感知し、あなたの個人情報を守るものなので、まだダウンロードしていない人はショッピングをする前にチェック!
オンラインショッピングのトラブル