作家・映画監督

山本 加津子

2018年4月27日

元特別支援学校教諭、作家、映画監督である「かっこちゃん」こと山元加津子さんが講演会を行う。ベイエリアでの講演は2012年に300人もの聴衆を感動させて以来、6年ぶり。今回は講演会に合わせて4本のドキュメンタリー映画の上映も予定されている。山本さんに今回の講演について伺った。

わたしは特別支援学校に長く勤めていました。子供たちは、見えないけれど確かにあって、そしてとても大切なことについて、いつも教えてくれました。
一緒に勉強をした詩の上手な原田大助くんは「りんごもじゃがいもも 皮がある時はくさらんのや 俺だって守らなければつらいんや」と言います。大ちゃんの言うとおり、傷がなければ、ずっと腐らないリンゴが、傷がついたとたんにそこから痛んでいきますね。

自然というものは、なんと素晴らしいしくみで、私たちを守ってくれていることでしょう。時には命を助けてくれる抗生物質も、長く使えば免疫が下がり命を細くします。ベッドに寝たままでいると、あっという間に体が硬くなり、内臓も弱り骨ももろくなって廃用症候群になります。私たちは本来、病気にならないように、たとえ病気になっても治るように守られていますが、命を太くすることをこんな風にじゃましてしまうことがあるのです。
今回のサンフランシスコの講演会では、わたしが養護学校で出会った子供たちのお話の他に、わたしたちのからだの中​​にもしっかりある​​、宇宙に根ざした生きる力についてお話しさせていただきたいなあと思っています。また、そんな力を持つわたしたちは、意識障害となっても、回復する方法があって、深い思いを持っていてあきらめなければ伝え合えるということもお話させていただきたいです。

今回の講演会と映画上映会の収益は、わたしたちが支援するネパールの子供たちと白雪姫プロジェクト(意識障害の方たちが意識を取り戻し、意思伝達できるようにするための方法やリハビリ、介護方法などを広めるプロジェクト)に寄付されます。
みなさんにお会いできることを楽しみにしています。

山元加津子 講演会と映画上映会

日時 詳細
5月10日(木) 5:30pm〜 前夜祭 映画『1/4の奇跡~本当のことだから~』& かっこちゃんお話会
参加費:$30
会場:Kitch'n Office(Palo Alto駅近く)
532 Ramona St, Palo Alto, CA 94301
5月11日(金) 4:30PM〜 映画『宇宙(そら)の約束〜いのちが紡ぐ愛の詩』
6:15PM〜 映画『僕のうしろに道はできる 奇跡が奇跡でなくなる日に向かって』
参加費:映画1本 $17 / 映画2本 $30
会場:The Women’s Building(BART 16th Mission駅近く)
3543 18th Street #8, San Francisco, CA 94110
5月12日(土) 1:45PM〜 映画『銀河の雫 はじまりはひとつ』
3:30PM〜 山元加津子講演会&All Together Now 演奏
参加費:映画のみ $17 講演会のみ $35 / 映画&講演会 $45
会場:The Women’s Building
お申込み:インターネットで「かっこちゃん祭りin San Francisco」を検索、もしくは
     maco.hikari2011@yahoo.com宛てにEメールでお知らせください。
お問合せ:415-550-0942
*映画はすべて英語字幕付きです。
*席数には限りがあります。完全予約制ですので、5月9日までにお申し込みください。

レポート

山元加津子 映画上映会・講演会
5月10日~12日の三日間、元特別支援学校教諭、作家、映画監督である「かっこちゃん」こと山元加津子さんがパロアルトとサンフランシスコにて映画上映会と講演会を行った。
養護学校の子供たちから学んだこと、ネパールで出会った人々の世界観、同僚の宮田さんが重度の脳幹出血に倒れてからの軌跡などがかっこちゃんの温かい口調で語られると、涙する参加者も少なくなかった。会場からは「自閉症の息子の子育てに苦しさを感じる日々でしたが、どんなお薬やセラピーよりも深く癒され、生きる力が湧いて来ました。」「生きること、生命の意味を考えさせられました。」といった声が聞かれた。
また、意識障害の方たちが意識を取り戻し、意思伝達できるようにするための方法やリハビリ方法などを広める白雪姫プロジェクトの紹介や、握力が弱いかっこちゃんお勧めの、力を使わずにベッドから車いすへ移動させる方法の実演も行われた(白雪姫プロジェクトのサイトに動画あり)。
All Together Nowによる演奏
白雪姫プロジェクトを広めるバンパーステッカー