J weekly



グルメ


エルセリート > 日本料理 / 寿司

 

裕三寿司 / Yusan Sushi


Share

 

 

料理は心。お客様の好みを事前伺い、一番最適な料理を提供

2008年8月、このレストランを引継ぎ腕前一つで切り盛りしているのが、オーナーの渡辺修氏だ。このレストランは、2009年上映のアメリカ映画「Death Grip」(http://deathgripmovie.com) の撮影にも使われるなど、ユニークな特徴をもつ。店内もベイエリアでは数少ないお座敷があるレストラン。ご家族や親戚一同で足を伸ばしながら、美味しい料理を頂くには最高のロケーションだ。

こだわっているのは寿司の原点。「スッと握ってパッと食べる」それが江戸前の握りの粋と醍醐味というわけだ。寿司は、シャリとシャリ酢とネタ。単純だがそれだけに奥が深い。ネタが新鮮なよいものであることはもちろんだが、大切なのは寿司飯。やわらかすぎず、かたすぎず。口の中でほどけてゆくようなシャリがよいシャリだという。いい寿司を握るため、この道30年のオーナーシェフの渡辺さんも、日々精進だという。

そして何より驚いたのが、渡辺氏はお客様のご希望を取り、ご年配の方にはご飯を少なめにしたり、糖尿病持ちの方にはすめしは使わず通常のお米を使用したりと、細かな配慮をしている。「お客様とのコミュニケーションがとても大事ですね、同じ料理を作るにしても、好みなどを事前にお伺いしてお客様に一番最適な料理が提供できるよう、いつも心がけています。」と語って頂いた。

 

秋に自慢のメニューが「石狩鍋」。奥様が北海道出身という事もあり チェックもかなり厳しい。白味噌を使用しメインの鮭はあえてあらやかまの部分を使うと いう。この部分が最もおいしいだしが取れるところだと、渡辺さんは断言する。 具はメインのサーモンに、シイタケ、しめじ、にんじん、豆腐、白菜と具沢山。 ご飯もついてきてボリュームも味も楽しめる。日本の味を楽しみたいなら石狩鍋だ。

 

 

 

 

冬のおすすめは、「寄せ鍋」。ムール貝、ホタテ、鍋からとびだすエビ。この鍋は、冷めないうちにまずは目で味わいたい。そしてもちろん、舌も大喜び。「旬のものを目で楽しみ、召し上がっていただきたい」というシェフの渡辺さんの想いがこもったあたたかい鍋。

 

 

 

 

 

 

また、13種類の具が並べられ、ご飯が全く見えない、ちらし寿司!鮮度もボリュームも満足のいくオーナーシェフ・渡辺氏のおすすめの一品。マグロ、白マグロ、エビ、サーモン、ウナギ、サバ、貝柱、タコ、ハマチ、イクラ、タマゴ、カンピョウ、シイタケ、がふんだんに並べられ見た目も味も大満足だ。

 

 

 

 

 

さらに、2010年秋から、ラーメンが登場!クラシックで懐かしい味の醤油ラーメン。〆にぴったり。

 

 

 

 

 

 

 

temp-thumb
temp-thumb
temp-thumb
temp-thumb
temp-thumb
temp-thumb

基本情報

店名 裕三寿司 / Yusan Sushi
住所 11866 San Pablo Ave El Cerrito, CA 94530
電話 510-233-0606 ※ご予約・お問い合わせの際は、J weeklyを見たと言うとスムーズです
営業時間 ランチ 火〜金 11:30am-2pm
ディナー 月〜日 5pm-9:30pm


 

 

 

 


免責事項と著作権について | サイトマップ | 採用情報 | 会社概要 | お問い合わせ | © 2017 J weekly