アメリカ生活:コミュニティカレッジからはじめよう!アメリカの習い事の始め方。

・アメリカで習い事を始めたいけど、どこに行けばいいのかわからない。
・暇な時間を活用したい。
・キャリアアップにつながる資格が欲しい。
・アメリカでしか学べないことを今のうちに吸収したい。

アメリカに移住してきて、このような疑問に悩まされるのはよくあることです。今回は趣味を伸ばせる、また職業訓練の場所としてコミュニティカレッジをご紹介したいと思います。

コミュニティカレッジ(コミカレ)ってご存じですか?

コミュニティカレッジはアメリカ全土に1100の以上存在し、1300万人が通っています。それほどコミュニティカレッジはアメリカの人にとって身近なもので、また高校を卒業していればだれでも入学できるよう敷石が低いものです。

コミカレに通う生徒の幅は広く、まだ高校に通っているアメリカの現地生から、留学生、また社会人になって専門的な勉強をしたい人などがいます。

4年制のユニバーシティとコミュニティカレッジ何が違うの?

4年制のユニバーシティ(University)との大きな違いは、多くのプログラムが2年で修了できるという点です。とはいうものの、2年間というのは目安であり、プログラムによっては半年や一年という短さでプログラムを修了する生徒や、逆に3年かけて卒業する生徒もいます。

コミカレで学べる事とは?

コミカレで学べることは、大きく分けて2種類あります。職業訓練や資格(Certificate)などが取得できるコースと、4年制の大学に編入するための準備コースです。編入コースでは、一般教養を学びます。くらべて、Certificateのコースではキャリアに直結するような専門技術をまなぶことができます。多くのコミカレが、ビジネス、医療、幼児教育や写真など様々な専門分野をカバーしています。

どちらかのコースを最初から選ぶ必要はなく、編入のためのクラスを取りながら専門分野のクラスを取ることも可能です。つまりコミュニティカレッジとは様々な職業専門技術と大学レベルの一般教養が学べる、日本にはないタイプの大学なのです。

おとなになってからのコミカレがおすすめの理由

多くの留学生や現地生が4年制大学編入のためコミカレに通う一方で、駐在員やその家族、結婚の為にアメリカに住み始めた人にもコミカレはおすすめの場所です。空いた時間を使って趣味の為の知識を深められたり、英語の勉強のために通うことができます。またCertificateを取得することでキャリアアップをはかることも可能です。現地のアメリカ人と一緒に同じクラスで勉強するので、アメリカの文化を知る、英語を使うことに慣れる、ネットワークを広げるという意味でも有意義なものになるでしょう。

ここからはコミカレの具体的な利用例をご紹介します。

1.英語の勉強や趣味をコミカレではじめる。
多くのカレッジではESL(English Second Language)、英語が第2言語の生徒の為のカンバセーション・スピーキングのクラスなどを無料で提供しています。例えば、サンブルーノに位置するスカイラインカレッジでは、英語のクラスが週に一回ラーニングセンターで開かれています。お近くのカレッジでも英語のクラスがあるのか一度チェックしてみるのも良いでしょう。

他にもアート系のクラスが充実しているので、陶芸や写真や絵画などのクラスをとることもできます。習い事のためにコミカレに通うのもおすすめです。

2.専門技術をコミカレで学ぶ。
AAS(Associate in Applied Science Degree)やDiplomaやCertificateとクラスカタログに表示されてあるのが職業専門プログラムです。さきほども述べたように幅広い分野のクラスを受けることができます。コミカレで専門分野を学ぶ利点は、学んだ内容がキャリアアップに直結しやすいということです。多くのプログラムが実技をとりいれたり、実際に使える知識を中心にクラスが構成されています。

コミカレで取れる資格(Certificate)の種類の例

アカウンティング(Accounting)会計
フットヒルカレッジ(Foothill College)
カレッジ・オブ・サンマテオ(College of San Mateo )

デザイン
カナダカレッジ(Canada College)

グラフィックデザイン
シティカレッジ・オブ・サンフランシスコ
(City College of San Francisco)

これらはほんの一例であり、多くのカレッジで様々な種類のCertificateのプログラムを提供しています。そのため自分の勉強したい内容に合致し、かつ通いやすい場所にあるものを探すのも大切です。

入学までの流れ

入学に必要なものは?
入学の方法はいたってシンプル。カレッジのウェブサイトにアプリケーションの申し込みをするだけです。多くの場合IDとビザのステータスが証明できるものが必要です。(F-1ビザの場合は留学生プログラムからの申請になり、必要な書類もかわってきます。)また3年以上カリフォルニアに住んでいるかで授業料にも差が出てくるので、長年住んでいる方はそれを証明できるものを用意しておくといいでしょう。

入学後のクラス分けテスト(Placement Test)
数学と英語の学力を図るテストで、このテストの結果により登録できるクラスがきまります。クラスによっては求める英語力の基準があり、それに達しなかった場合はESLのクラスをとって英語を勉強することになります。例えば、ヒストリー(歴史)のクラスは高めの英語力が必要とされますが、アートやMath(数学)など英語をさほど必要としないクラスは基準となる英語力が低めに設定されています。

数学のテストは、希望するプログラムにより免除される場合もあります。実力をはかる為のテストなので、対策などは特に必要ありません。自分の実力を図るために受けましょう。

その後の流れ
プレイスメントテストの後は、結果をもとにアドバイザーとどのクラスをとるのか相談します。オンラインでクラス登録をしたのち、授業料を支払うという流れです。これらはあくまで大まかな流れですので、カレッジによって多少違いはあります。

どれくらいの英語力が必要?

たとえ英語力が達してなかったとしてもESLのクラスから入学して英語力をあげることも可能です。英語レベルによってクラス分けされているので、同じ英語レベルのクラスメイトと話すことでお互いの刺激になり、また毎回通うことで先生やクラスメイトとも顔見知りになることもできます。また、教科書を読むだけでは学べない、スピーキングも実際に自分の口を使うことで上達が早くなるでしょう。

サンフランシスコ・
ベイエリアのコミュニティカレッジ一覧

San Jose
フットヒル
デアンザカレッジ

Peninsula
スカイラインカレッジ
サンマテオカレッジ
カナダカレッジ

San Francisco
シティカレッジ オブ サンフランシスコ

East Bay
ディアブロバレーカレッジ
バークレーシティカレッジ

次回はコミュニティカレッジのもう一つの大きな役割、4年制大学編入についてお話したいと思います。