有座エレナ 8/21(日)にチャリティー・チェロリサイタル開催

来る 8/21(日) 2PMよりMountain View、MV 日本人SDA教会にて、ベイエリア出身のチェリスト 有座エレナが、ウクライナ支援のためのチャリティー・チェロリサイタルを行います。

有座エレナは、ジュリアードのマスター(チェロ・パフォーマンス)を卒業後、現在は、ジュリアードのAD (Artist Diploma)過程で勉強中です。

昨今のロシアによるウクライナへの軍事侵攻を憂い、音楽の力でウクライナ支援ができないかとの発案で、コンサートを実現する運びとなりました。

入場チケットは無料です。以下のEventbriteよりご登録ください。当日は、Live Stream配信も行う予定です。ご登録いただいた方にLive配信のリンクをお送りいたします。

https://www.eventbrite.com/e/peace-for-ukraine-charity-cello-recital-registration-354364753517


有座 エレナ (チェリスト) プロフィール

1998 年カリフォルニア生まれ。
コロンビア大学とジュリアード音楽院のエクスチェンジプログラムに合格、コロンビア大学(コンピュータ・サイエンス専攻)、ジュリアード音楽院大学院(チェロ専攻)を卒業後、現在は、同音楽院アーティスト・ディプロマ課程で学ぶ。 ジュリアード・オーケストラ首席チェリスト。

2015年、高校時代にサンフランシスコ・シンフォーニー・ユースオーケストラ(SFSYO)のコンチェルトコンペティションに優勝、SF デイビス・シンフォニーホールにて、ドボルザークのチェロ協奏曲を演奏し、ソロデビュー。その後、NY でもミラルスキー氏指揮の下、コロンビア大学オーケストラと共演する。また、2018年に三浦寛也作曲の雅楽とチェロのための曲、「Lustral Shades」の初演メンバーに抜擢され、日本から招聘された雅楽の奏者たちと共に NY での初演に参加した。2017年には、ニューワールド・シンフォニーのオーディションに合格、マイケル・ティルソン・トーマス(MTT)の指揮の下、マイアミにて演奏。またタングルウッド音楽祭では、ボストン・シンフ ォーニーのコンサートにチェリストとして出演した。

これまでに、全米音楽教師教会(MTNA)主催カリフォルニア州コンペティション第一位、パシフィック・ミュ ージカル・ソサエティ・コンペティション第一位、シンフォニー・パーナサス・コンチェルトコンペティション優勝、モンダビ・ヤングアーティストコンペティション入賞。また、NPRʼs From the Top にソロ、室内楽の両方で出演。

夏には、Asepn Music Festival、[email protected]、Yellow Barn、Tanglewood Music Center、Vivac-e!、 Taos School of Music 等に参加、今年の夏は、世界的バイオリニストのイツァーク・パールマン氏主催のパ ールマン・ミュージック・プログラム(PMP)にて、パールマン氏と弦楽六重奏を共演した。

2011年の東日本大震災の際には、ベイエリアにて、3回のチャリティーコンサートを企画、出演。$12,000以上の義援金を集め、日本赤十字社、グローバル・ギビングに寄付した。その他にも、Leukemia & Lymphoma Society, Transparent Fish Fund 等のためにチャリティーコンサートを行い、義援金を送る。

これまでにチェロをシェン・リン、リチャード・アーロン、ロン・レナード、エリック・サングの各氏に師事。現在は、ジュリアード音楽院にて、ジョー・クロスニック、アストリッド・シュウィーンの両氏に学ぶ。

有座エレナ チャリティー・チェロリサイタル
Peace for Ukraine: Charity Cello Recita By Elena Ariza

▼ご登録はこちらから(入場チケット無料)

https://www.eventbrite.com/e/peace-for-ukraine-charity-cello-recital-registration-354364753517