2020年4月1日から米国国勢調査(Census 2020)が開始しました

→ 5月20日アップデート情報はこちら

2020年国勢調査への対応は、全てのコミュニティにとって重要です。国勢調査のデータは、地元の病院や救急サービスへの資金や、コミュニティにどのように配分されるかについての決定を形作るのに役立ちます。 デスクトップコンピューター、ノートパソコン、スマートフォン、またはタブレットを使用して、2020年国勢調査にオンライン(日本語)で回答できるので、とっても簡単です!

国勢調査のタイムラインが変更されました【4/20更新】

2020年国勢調査に関する改定情報

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国勢調査局は4月13日、議会に対し、国勢調査の回答期限を2020年10月31日とするようにという延長要請を発表しました。更に、国勢調査局は議会に対し、以下に挙げる2020年国勢調査活動に関する主要な日程の改定を承認するように要請しました。

  • 2020年8月11日~10月31日:国勢調査員が戸別訪問を開始し、住人に対し質問票への記入を支援する。(改定前は5月13日~7月31日)
  • 2020年10月31日:国勢調査に回答できる最終日(改定前は8月14日)
  • 2021年4月31日:州人口を大統領に提出する(改定前は2020年12月31日)
  • 2021年7月31日:各州に対して区画改定データを伝達する(改定前は2021年4月1日)

現在までに7000万世帯が国勢調査への回答を済ませており、これは国内全世帯の約半分に当たります。国勢調査の案内通知は先月、全世帯に郵送されました。まだ回答を済ませていない世帯に対しては、今月中に紙の調査票が送付されます。

国勢調査に日本語で回答するのは、これまで以上に簡単です。多くのコミュニティが市または州レベルで閉鎖状態にありますが、2020年国勢調査はオンラインで回答できます。デスクトップコンピューター、ノートパソコン、スマートフォン、またはタブレットを使用して回答するか、あるいは電話またはメールで回答してください。誰でも、国勢調査員に会うことなく、自分で回答できます。詳しくは、2020CENSUS.GOV/jaにアクセスしてください。

電話での回答をご希望の場合、国勢調査局では、カスタマーサービス担当者が14言語の直通電話(日本語:844-460-2020)で対応しています。番号にかけて保留になった場合、かけ直しのオプションをご利用頂くと、最も確実にカスタマーサービス担当者とお話し頂けます。どうぞかけ直しのオプションをご利用ください。このオプションでは、コールセンターのすべての担当者が他の電話に対応しているときに、メッセージを残すことができ、その後、国勢調査員が折り返しかけ直して2020年国勢調査の回答を処理します。

Important Updates

1. 2020年国勢調査の運営方法の変更:国勢調査局は、新型コロナウィルスとの関連において、2020年国勢調査の運営方法に関する声明を数回にわたり発表しています。

2. 簡単に回答できるようになりました!多くのコミュニティが市または州レベルで閉鎖状態にありますが、2020年国勢調査はオンラインで回答できます。デスクトップコンピューター、ノートパソコン、スマートフォン、またはタブレットを使用して回答するか、あるいは電話またはメールで回答してください。誰でも、国勢調査員に会うことなく、自分で回答できます。通知はすべての世帯に3月20日までに届いています。

3. 正確な国勢調査データは、この危機的状況において非常に重要です。国勢調査結果は、病院や医療クリニック、緊急救援サービス、さらには学校給食などの計画づくりや予算策定に利用されます。具体的には、以下のようなことが含まれます。

  • 病院や医療クリニックが必要とされる地域の特定
  • 病院や医療クリニックを建設するための補助金
  • 低所得者層向けのメディケイドや、65歳以上の高齢者向けメディケアプランBへの支援
  • 児童医療保険プログラム(CHIP)など母子保健に対するサービス
  • 救援物資配布先のマッピングや、社会的弱者の人たちの居場所の特定
  • 中小企業庁を通した小規模事業者向けの支援

内容

国勢調査は米国内の住民の人口を統計することを目的としています。米国における全住民が対象となります。これは米国市民及び非米国市民にかかわらず全ての人種及び民族グループが含まれます。国勢調査はお手間がかからず、10分ほどでご回答いただけるようになっております。

国勢調査が大事な理由

国勢調査は、国民の生活のさまざまな側面を形作る重要なデータを提供するものです。議員、経営者、教師など多くの方が、サービス、製品、コミュニティに対するサポートを提供するためにこのデータを日常的に利用しています。

毎年、連邦政府は国勢調査データを参考にして、交付金を州、及びコミュニティ(地域)に割り当てます。新しい道路、病院、学校などの建設場所は、地域の意思決定者が国勢調査データを利用して考察します。企業も国勢調査データを使用して、スーパーマーケット、新興住宅地、及び他の施設を建設する場所を特定します。米国下院における州別の議席数は、国勢調査データに基づいて決定されます。  

現在の回答状況

2020年4月1日時点では全米42.8%の世帯が回答しております。皆様のお宅にCensusからの郵便に同封されているCensus ID(国勢調査ID)を入力(失くしてしまった場合はウェブで簡単に再登録が出来ます)して、『2020年国勢調査にようこそ』から簡単に回答できます。日本語の情報は全て『2020年国勢調査の回答方法』で確認できます。

  • 現在一時的に学校生活から別の場所に移住している学生は一時的に閉鎖されている住所(例えば学校の寮や オフキャンパスのアパートなど)で記入してください。 
  • アメリカ国勢調査には留学生も対象となります。
  • 米国に出張などで一時的に滞在されている方は米国国勢調査の対象外となり記入不要です。 
  • Department of home affair と名乗るグループが 国勢調査のためと偽りクレジットカード情報を入手しようとする噂が最近飛び交ってます。米国国勢調査では一切クレジットカードや銀行口座情報を一切聞きませんのでご注意願います。

日本語Q&Aはこちら https://my2020census.gov/ のページの「よくある質問」をクリックしてください。