Mobilityサービスを巡る直近の動向 ~加熱する電動スクーター開発~

加熱する電動スクーター開発 全米では5マイル以内の移動が移動件数の60%を占めているといわれる。同距離での移動に最適とされるMicromobility分野、特に電動スクター領域での動きが活発になっている。電池切れになっている電動スクーターが多くみられる現状の課題に対して、各社は、

Mobility サービスを巡る直近の動向

~モノの移動を考える~ 注目が集まるモノの移動 北米のUber、中国のDiDi、東南アジアのGrabなど、各地域のライドシェア大手に巨額の出資を行ってきたソフトバンクが、無人自動運転車による食品宅配サービスを提供するNuroに$940Mを出資したことが話題を呼んでいる。Nuroが

Mobility関連における直近のトピック

自動運転用のAIチップを内製化するTesla CEOイーロン・マスクの非上場化のツイートで世間を賑わせえているTeslaであるが、自動運転用の独自のAIチップを開発していることを明らかにした。開発開始から既に2年以上経過しており、従来のNVIDIAの既成のチップに比べ10倍の処理